フラダンスメンバーとして参加したカルチャー祭で注目のフラメンコ組に思うタイミング

ストリートの教養会館は席順通算500でステージと聴衆の距離がほど近い広場です。フラダンスの仲間のメンバーとして今期初めて参加しました。絵、書、工芸力作を見て見廻りながら、知った人の冠を見つけるとこんな事楽しんでいるのだと意外に思えたり、道楽で自己表現できるのは一年の実利CMであり共に充実した通年お消耗と思いながら自身のスタートまでの間隔を館内をゆったり回っていました。大広場第一歩近くまで来ると広場で発表のユニットの演目のあるアドオンを渡され、目についたのがフラメンコの問いで、単に広場に足を踏み入れました。全国ダンスの舞踏の通りがけだったのでと空いている席を確認し、終わると前から2席瞳に座り、フラダンス仲間の登場を待ち受けました。
哀愁いるギターの音質と共に茜色や、紫檀色調の衣類をまとい5者が現れると、衣類の華やかさに和から洋へ豹変。パタデコーラの尻尾をぐいと蹴りながら扇を振り、タップを踏むコーディネートは印象的でした。フラメンコと言うと彼を奪ったり、決闘したりの激しい情熱的なものをイメージしていましたが、普通の邦人が演ずるせいかエレガントで物悲しく推し量れギターの音質がいつまでも耳に残りました。4年予行イタリアに行ったケース、ジプシーは差別語でロマと言わなければいけないとマニュアルくんから聞きましたが、フィレンツェの石の建物の予行で物乞いのちっちゃな缶を置いて、うずくまるようにしていた老婆のコーディネートが頭に浮かんだが、スペインの定住諦める方々は系列の違いがあるかも知れない。するっと小町の最安値のリサーチ

フラダンスメンバーとして参加したカルチャー祭で注目のフラメンコ組に思うタイミング