自分の「嫌い」を他人に押し付けるのは自分で個々人を苦しめてあるだけ

自分の嫌いなものを、人は嫌いじゃないと感じている面って多いと思います。
たとえば食物でいうと、ピーマンがセルフは嫌いだとしても、人はピーマンが好みという奴がいらっしゃる。
自分の嫌いなものを他人が美味しそうに食べているとき、この人はなんでこんなものが好きなんだろう、理解できない!という気持ちになります。
時分前の事ですが、そのあたり前の事が、セルフを苦しめているときがあります。
自分が、たとえば体スピリットが大きい奴だとして、カラダに悪いとされるタバコやお酒などは必要止めるという奴。
そんな奴が結婚したケース、伴侶がお酒やタバコを呑む奴だったら、「やめてほしい」と思ってしまいます。
病気が心配からやめてほしい、自分がタバコの副流煙を吸うのがお断りからやめてほしい、など理由は顔ぶれだと思いますが、
やめてほしいと思っている場合って、すごい酷い気持ちになります。その酷い意欲って、本当は独力よがりだと思うんです。
伴侶がお酒やタバコを飲み込むせいでセルフは始終嫌な思いをしている!は本当は考え違いです。
なので、印象を変えてみるとどうでしょうか。やめてほしいという意欲を、ないことにするのです。
すると、シンプルな事例がわかります。セルフはお酒やタバコは飲まないが、伴侶は好きで飲んでいる。
ただそれだけです。伴侶は好きだからそうしておるだけなんです。自分の嫌いな一品や事を、他人にも嫌いになって欲しいとしてしまうのは、
自分の偏った気持ちのつけに過ぎません。よりラクラク考えてもいいのです。
考えないようにするだけで、自分がラクラクなっていきますよ。毛がにのお取り寄せで選んで失敗の無いショップはこちら

自分の「嫌い」を他人に押し付けるのは自分で個々人を苦しめてあるだけ